創業文政伍年 割烹蒲焼 大観楼

ご予約・お問い合わせは 電話番号022-221-7575

大観楼の歴史

  • HOME
  • 自慢のうなぎ
  • お品書き
  • 店内のご案内
  • 大観楼の歴史
  • わたしたちにできること
  • 店舗情報
  • ご予約
  • このサイトについて
  • 採用情報
  • さまざまなシーンにご利用ください。 お誕生日、お祝い事、ご法事 etc
  • ぐるなび・大観楼ページ
  • 仙台一番町一番街商店街-ぶらんどーむ一番町-サイト
  • HOME
  • 大観楼の歴史
  • 創業は文政5年
  • 伊達家お墨付き
  • 仙台うなぎ屋の元祖

創業は文政5年(1822年)


丑寅(うしとら)虚空蔵、辰巳(たつみ)普賢(ふげん)と称して、十二支のうち丑寅辰巳生まれの人は愛宕山にある守本尊を信仰し鰻を食べず蛇を獲らない風習があった。

この習わしは、藩政時代から特によく行われており、一般の人々にも信じられてきたが文政5年(1822年)その禁制を破って鰻屋を開業したのが「大観楼」の遠藤忠造であった。

忠造はこの禁制を犯した罪により謹慎を命ぜられ、家老の家に一時お預けの身になってしまった。

創業の文政5年 看板写真

創業は文政5年(1823年)。ナポレオンが生きていました。

ページトップに戻る


伊達家お墨付き


ときたまたま、家老の息女が暑い土用にはいって体が衰弱しているのをみた忠造は、人の命には代えられないとお叱りを覚悟で鰻の蒲焼を料理して食べさせたところ、病人の身体に精力がつき日増しに快方に向かって、間もなく病人は全快した。

この効き目を知った家老は、事の次第を11代藩主伊達斎義(なりよし)公に報告して、お咎めを解く旨を進言したところ、伊達公もその効果に敬服し、忠造を自由の身にするに加えて城下において鰻業の元締めとなる仰せ付けをしたという。

鰻重の写真

明治天皇松島行幸の折に献上した鰻重の一つです。

ページトップに戻る


仙台うなぎ屋の元祖


当時の屋号は遠藤屋であったが、明治二年に片平丁に移転し青葉城がよく見える絶景であったことから「大観楼」と屋号を改め仙台における鰻蒲焼の元祖として、高く評価された。

戦後、換地により東一番丁に移り現在に至る。大小合わせまして9室ございますので、ご希望の部屋をご用意することができます。

昼食として鰻重、鰻まぶしのみのご利用でもご予約いただければ個室を準備いたします。

仙台市の地図

昭和3年の仙台市の地図。戦前まで大観楼は片平丁にありました。

ページトップに戻る


割烹蒲焼 大観楼

電話番号022-221-7575

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3-9-5

Copyright©2009 Daikanrou All Rights Reserved.